« セットアップ:愛機(コス10) | トップページ | 戦闘記録4:パスファインダー »

セットアップ:ARF & Arm

[ARFの特長]

ARFには、攻撃力が高く、有効射程が長く、軽く、腕パーツの選択肢が広く、近接戦闘に対応可能という特長があり、それ故ステアサとの相性が良い。

      

   

①攻撃力

暗殺をその役割の一つとするステアサには、単機で敵WAPを撃破できる攻撃力が求められるが、ARFは他の武器、例えば、アサに人気の重SGや、スナの用いるSRFと比較しても遜色ない攻撃力を備える。

以下は、96小隊内で行った検証の結果である。コス4で利用可能な各武器について、しゃがみ状態で30秒間連射し、その総ダメージを計算した。ARFの攻撃力が、重SGやSRFに匹敵することが理解できる。

Lv.24 ARF, 約10発/30sec, 約2370ダメージ/30sec
Lv.23 重SG, 約9発/30sec, 約2214ダメージ/30sec
Lv.24 SRF, 約9発/30sec, 約2385ダメージ/30sec

また、上記はカタログスペックであり、実際の戦闘におけるダメージ効率はこれより低下する。

重SGを敵のそばで立ち止まって打ち続けるなど現実的ではない。また、SG弾は発散する為、ダメージが複数パーツに分散し易い。その結果、重SGにおいては、敵一パーツに与えるダメージ効率は、上記カタログスペックより大きく下がる。敵胴パーツに短時間で大ダメージを与える必要がある暗殺に、重SGはあまり適さない。

一方、ARF・SRFは、その射程を生かし、敵攻撃の届かない安全地帯から一方的に攻撃することもできる。ステの隠密性を生かし、しゃがみながら敵を撃ち続けることも現実的である。命中率も良く、敵胴パーツに全ての攻撃を集中させることもできる。カタログスペックに近い攻撃力を発揮し易い。それ故、暗殺には適している。

※ARFの攻撃力については、「BriefingService」さまの記事「本サイト特集:ホンマに両手武器はX なのか?」が参考になります。

 

②有効射程

敵より長射程の武器を持つことは、敵射程外からの一方的攻撃を可能とし、攻撃能力の向上に繋がるが、ステアサの場合、ステBPによる隠密性を維持する為にも、位置暴露を起しにくい長射程の武器を持つことが望まれる。

SGは、この点心もとない。SGの最大射程は150mであるが、SG弾は発散する為、その有効射程は100m程度である。

しかも、96小隊内で行った検証の結果、WAPの動作音の到達範囲は約150mと判明している。つまり、SGで敵を攻撃しようとすると、動作音により自機の存在を攻撃開始前に察知されてしまう可能性さえある。攻撃開始後は、まず間違いなく位置が暴露する。

一方、ARFの有効射程は400mであり、自機位置を把握されることなく、敵を攻撃し続けることもできる。

※射程ARF(Winee Plus系)の有効射程は500m

 

 

③重量

アサボディにステBPを背負うステアサは、ペイロードが厳しい。重いスナ腕を必要とするSRFを、ステアサに装備させることは難しい。

一方、ARFはそれ自身軽く、アサ腕で運用できる為、ペイロードに余裕の無いステアサでもARFは搭載可能である。

Lv.24 ARF, 重量90
Lv.23 重SG, 重量120
Lv.24 SRF, 重量180

 

④腕パーツ

SRFは耐久性に難のあるスナ腕を用いる必要があるが、ARFはアサ腕/ジャマ腕を利用できる。腕HPの点で、敵アサと対等以上とすることが可能である。それ故、近接戦闘も行うステアサにとって、ARFは適している。

 

⑤近接戦闘

ARFは3点バーストであり、SRF(単発)のように全弾外れる危険性は小さい。また、発射間隔が短い為、MG(10連射)に比べ全弾当て易い。敵を転倒させ易く、貫通耐性武器の中では、もっとも近接戦闘に向いている可能性すらある。

また、スコープ倍率が2段階であり、狙撃から近接戦闘に移行する際のスコープ切り替えが早い点も、実戦においては無視できないメリットである。

※射程ARFのスコープ倍率は3段階  

 

 

[ARFの種類]

ARFには、攻撃力・射撃間隔・重量・装弾数のバランスがいい汎用ARFと、射撃間隔に優れた連射ARF、攻撃力に特化した重ARFが存在する。

また、近年、重ARFを狙撃用に改良した射程ARFが発表された。

 

 

①汎用ARF

ARFの中では最も軽く、各種バランスが良い為、使いやすい。ステアサの基本装備である。尚、本blogにおけるARFとは、原則、この汎用ARFを意味する。

 

②連射ARF

汎用ARFよりやや重いが、ステアサに無理なく装備させることができる範囲である。

時間当たり攻撃力は汎用ARFにやや劣るが、実際の戦闘においてはあまり差がない。特に、敵と打ち合いになった場合、連射ARFを喰らった敵はよろけ続けることがあり、カタログスペック以上の性能を発揮することもある。

一発当たりの攻撃力が低く、敵が転倒し難いことが、注意すべき特徴。転倒による敵無敵が起こりにくくなるので、敵脚部を破壊し易いというメリットはある。しかし、敵後方に単機浸透するステアサにとっては、迎撃に向かってくる敵アサを転倒できないデメリットの方がはるかに大きい。

 

③重ARF

全ての武器の中でもトップクラスの時間当たり攻撃力を誇るが、非常に重い。装備するためには、防御力や機動力を犠牲にしたり、改造したりする必要がある。また、装弾数が少なく、予備弾薬や、コムAによるサポートが欠かせない。

ステアサが狙撃能力特化となり、柔軟な運用ができなくなるのが欠点である。

 

④射程ARF

狙撃用に改良した重ARFであり、射程を500m、スコープ倍率を3段階(×2、×4)とし、その分、装弾数が減少している。狙撃銃としては非常に優秀であり、使い勝手では、上記重ARFや600mSRFを上回っていると思われる。

ステアサの装備として捉えた場合には、重ARFと同様に、ステアサが攻撃能力特化となり、柔軟な運用ができなくなるという欠点がある。

 

 

[集束]

ARFは3点バーストであるが、レティクルが完全に閉じると、全弾を一点に集束させることができる。400mの射程内の全てにおいて、重SGに匹敵する攻撃力を、SRFのように一点に叩き込むことができる。常時この状態にしてこそ、ARFはその真価を発揮する。

Pdvd_164_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[常時集束のセッティング]

ARFの照準を常時集束させる為には、つぎのようにセッティングする。

 

①アサ腕(or ジャマ腕)+メインスナ

両腕をアサ腕又はジャマ腕とし、メインスナとすることで、腕レベル、及びスナレベルが適正(武器レベル+5以上)であれば常時集束する。片腕だけならば、軽く、耐久力のあるIgel系腕を用いることさえできる。

 

②スナ腕+アサ腕(or ジャマ腕)

片腕をスナ腕とし、もう一方をアサ腕、又はジャマ腕とすることで、メインジョブとは無関係に、ARFを常時集束させることができる。Igel系腕を用いても良い。

ただし、このセッティングはペイロードを圧迫し、耐久力が大幅に下がる為、スナレベルが不足している場合以外にはお勧めしない。基本的に後衛用セッティングである。

※照準セッティングの理論については、「市街防衛軍駐屯地」さまの考察が非常に参考になります。

 

 

[常時集束のセッティング(LV50ARF)]

スナレベルが武器レベルを超えることが、アサ腕を用いた常時集束セッティングのセオリーであるが、スナレベルの最大値がLV50である関係上、Srab D2(LV50ARF)の武器レベルを超過するメインスナジョブというものは存在し得ない。この為、上述①のセッティングを行う場合には、Stabilizing Rateの高いFrost系腕等を利用する必要がある。

お勧めは、次のセッティングである。
①コス10: Type S98X(LV40)×2
②コス12: Frost A5G(LV50) + Husky SX(LV50)

 

 

[選択時のポイント]

WAPのセッティングにおいて、攻撃と防御のどちらを重視するかは悩むところだが、短時間での暗殺遂行を求められるステアサにおいては、まず攻撃力を重視したセッティングを薦める。コス帯最強のARFを装備したい。

また、敵アサとの近接戦闘を考慮し、腕パーツは同コスアサ並みのHPとしたい。

|

« セットアップ:愛機(コス10) | トップページ | 戦闘記録4:パスファインダー »

コメント

加筆しました。

投稿: kuni | 2006年8月 4日 (金) 22時32分

画像追加しました。

投稿: kuni | 2006年9月23日 (土) 10時52分

LV50ARFのおすすめセッティングを修正しました。

投稿: kuni | 2006年9月28日 (木) 06時58分

500mARFについて加筆しました。

投稿: kuni | 2006年10月10日 (火) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128322/2649144

この記事へのトラックバック一覧です: セットアップ:ARF & Arm :

« セットアップ:愛機(コス10) | トップページ | 戦闘記録4:パスファインダー »