« 戦闘記録20:猛獣狩り | トップページ | 戦闘テクニック:メカニックとの連携 »

戦闘テクニック:ジャマーとの連携

ここに挙げる味方ジャマーとの連携攻撃は、ステアサだけでなく、RF装備機体であれば使用できる汎用的なものである。実施し易く、威力の高い攻撃が揃っている。96小隊の十八番でもある。

 

[転倒→EMP]
ステアサが敵機を転倒させ、転倒中の敵機にジャマーがEMP攻撃をする。敵機はEMP攻撃を回避できない為、簡単にステータス障害となる。単純だが絶大な威力を誇る連携攻撃。

 

 

[DEF×狙撃]
貫通耐性の敵機に味方ジャマーがDefense Sys Down(DEF×)攻撃し、DEF×障害発生中の敵機をステアサが狙撃する。貫通耐性機体にダメージが入り難いというARFの欠点が解消される為、単純だが絶大な威力を誇る連携攻撃。

「転倒→EMP」から「DEF×狙撃」というコンボもある。

 




[エスコートECM]
光学ステを発動し、味方ジャマーによるECMカバーを受けつつ移動するもの。隠蔽より速度を重視する高速展開のテクニックの一つであり、敵にソナーがいなければ有効。敵施設レーダ対策として重宝する。

|

« 戦闘記録20:猛獣狩り | トップページ | 戦闘テクニック:メカニックとの連携 »

コメント

エスコートECMについて加筆しました。

投稿: kuni | 2007年2月11日 (日) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128322/2841389

この記事へのトラックバック一覧です: 戦闘テクニック:ジャマーとの連携:

« 戦闘記録20:猛獣狩り | トップページ | 戦闘テクニック:メカニックとの連携 »