« 戦闘テクニック:浸透 | トップページ | 戦闘テクニック:離脱 »

戦闘テクニック:暗殺

敵BGの根幹を成す機体の暗殺に成功すれば戦局は一気に有利となるが、そのような機体は敵後方にいることが多い。暗殺にはリスクが伴う故、単なる戦闘テクニック以上に、状況判断が重要となる。以下、暗殺を成功に導くためのロジック・テクニックを紹介する。

尚、狙撃により暗殺する場合の具体的テクニックについては、「戦闘テクニック狙撃(暗殺編)」を参照のこと。

 

 

 

[暗殺成功の前提条件]

暗殺成功の為には、浸透に成功し、次の状態(奇襲状態)となっていることが重要である。ファーストアタックにおいて、ステアサの存在自体を敵に悟られることなく敵後方への浸透に成功したときが、暗殺には最も適している。

尚、「浸透」の具体的テクニックについては「戦闘テクニック:浸透」を参照のこと。

 

①ステアサが敵後方にいることを察知されていない。

たとえ、ステアサの具体的位置が敵に判明していなくとも、ステアサが敵後方にいることを察知されていると、敵の警戒が厳重となり、暗殺は成功し難い。

 

②敵後方内を比較的自由に移動できる。

「狙撃」「ステ空爆」「MS・RK誘導」等、暗殺手段にはいくつかあるが、それらを効果的に実施するためには、それに適したポジションに移動する必要がある。後方に敵が多く存在し、動き辛い時などは、状況の変化を待つときもある。

 

 

[暗殺時のスタンス]

  

①撃破可能な状況であるか見極める。

暗殺行動開始と同時に奇襲効果は失われてしまう。暗殺に失敗し、再度、暗殺可能な状態を作り上げるには、時間を必要とする。敵の警戒が強まり、暗殺困難となる場合も多い。不用意に攻撃することなく、撃破が見込める場合にのみ暗殺を試みることが肝要である。

この判断をするためにも、敵機の装備(HP、耐性、盾の有無、等)を見て、撃破までにどれぐらいの時間を必要とするか、ある程度判断できると望ましい。

 

ⅰ)敵の迎撃をさほど受けない状況

攻撃目標が単機となっていることが一番望ましい。後衛型機体が攻撃目標の近くにいる分には、さほど問題はない。鈍足機体(過積載コムボディ機体等)であれば迎撃されるまでの時間が長いし、脆い快速機体(レコボディ機体等)であれば迎撃に向かってこないことが多い。

RD可能敵機が攻撃目標の近くに2機以上いる場合は、待機が賢明である。迎撃されても、盾に成られても厄介である。

 

ⅱ)攻撃目標が回復されない状況

 
敵メカが回復に努める敵機を暗殺することは難しい。敵メカの位置や状況を確認し、暗殺完了までに、敵メカによる回復が間に合いそうか判断する。

尚、暗殺目標及び自機の双方が敵メカ視界に入っていない場合に暗殺開始すると、敵メカによる回復活動のスタートが遅れる傾向がある。攻撃を受けている敵機は逃げるのに手一杯で詳細な状況説明が難しく、また、ステアサはシェアレーダ上に写らない為、敵メカが状況把握に手間取るためと思われる。

 

ⅲ)敵に逃げられない状況

遮蔽物の近くにいる暗殺目標を遠距離から狙撃したり、丘上にいる暗殺目標を下から狙撃すると、攻撃不可能な所に逃げ込まれ、撃破に時間が必要となり、暗殺失敗となることが多い。

敵の逃げ方を予想し、仮に敵に逃げられても、直ぐに攻撃可能な状況を再構築できるか否か判断することが重要である。

 

②攻撃を最優先する。

暗殺行動開始後は時間との勝負である。多数の敵機による迎撃や、敵メカに回復される前に、暗殺目標を撃破する必要がある。

ステアサは機動力と耐久力があるので、位置暴露しても、多少ダメージを受けても、ステスナと異なりあまり問題とならない。ステアサのメリット最大限に活用して攻撃に集中する。狙撃であれば、しゃがみ撃ちを続ける。

 

③生還する。

仮に暗殺目標の撃破に成功しても、味方本隊へ帰還できなかったら暗殺失敗である。敵味方の攻撃パターンが変化するだけで、味方が大きく優勢となることはない。

たとえ敵暗殺に失敗しても、生還することが非常に重要である。味方一機の撃破が敗北に繋がり易い戦場においては、作戦的にも・心情的にも、生還率の低いステアサはBGとして許容できないと思ってよい。

 

 

 

[暗殺時の選択肢]

 

①狙撃

最も基本的な暗殺方法。これについては「戦闘テクニック:狙撃(暗殺編)」にて説明する。

  

②MS誘導

自機のプライベートレーダに暗殺目標を納めて味方MSを誘導し、攻撃する方法。攻撃目標が貫通耐性の場合に有効。

狙撃と併用して暗殺目標を瞬殺することもできる。ステアサの存在を悟られずに、暗殺を遂行したいときにも利用できる。

詳しくは「戦闘テクニック:ミサイラーとの連携」を参照のこと。

  

③ステ空爆

奇襲状態のまま暗殺目標近くで空爆要請し、奇襲空爆する方法。暗殺目標のそばに敵機が多く、狙撃のみでは暗殺が難しいときに有効。敵が回避行動を取らないか、取っても手遅れであることが多い為、絶大な威力を誇る。

空爆のみでは撃破困難な為、空爆前後に狙撃する必要がある。

詳しくは「戦闘テクニック:コムスとの連携」を参照のこと。

 

④近接戦闘

再装弾が遅くなり、命中率が下がる近接戦闘は、敵撃破までの時間が長くなるので、積極的に用いる方法ではない。狙撃後、物陰に隠れられた際に、止めを差す為に使うことが多い。

尚、暗殺目標のプライベートレーダ範囲では、RDは控える。近接戦闘中の敵機は報告が疎かになり易い為、ステアサの存在を敵シェアレーダ上に映さないようにすれば、敵迎撃を遅らせることができる。

 

⑤待機

暗殺目標の周囲に敵機が多く、撃破が難しい場合、状況が変化するまで待機することも重要。暗殺目標から敵機を引き離すように、味方に陽動を依頼しても良い。

実例については「戦闘記録4:パスファインダー」「戦闘記録15:在りし日のラークバレー」参照のこと。

尚、待機時はステアサが遊兵化する。待機が長引きそうなら、暗殺に固執せず、「ECM攻撃」や「援護射撃」に切り替えることも重要。

 

 

[暗殺後の行動]

   

①撃破報告

暗殺した機体種別を報告し、味方BGの攻撃パターンの変化を促す。特に、コムA, コムB,レコA, レコB、ECM、メカを暗殺した場合は、味方勝利がほぼ確定しているとき以外、報告必須である。

 

②離脱

味方本隊への帰還や、自機の隠蔽により、敵の迎撃を振り切る。これについては「戦闘テクニック:離脱」にて説明する。

  

③暗殺

浸透には時間が掛かる為、自機位置が把握されていない場合、他の目標を続けて暗殺することも有効。ただし、敵警戒が非常に厳しくなっている為、無理はしない。

  

 

 

|

« 戦闘テクニック:浸透 | トップページ | 戦闘テクニック:離脱 »

コメント

動画を追加しました。

投稿: kuni | 2006年12月12日 (火) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128322/2735257

この記事へのトラックバック一覧です: 戦闘テクニック:暗殺:

« 戦闘テクニック:浸透 | トップページ | 戦闘テクニック:離脱 »