« 戦闘記録18:苦戦 | トップページ | 戦闘記録19:零距離射撃 »

戦闘テクニック:アサルトとの連携

味方アサルトとの連携攻撃について紹介する。尚、ターボアサルトだけでなく、RDジャマー等、RD可能な前衛全てに応用できる。

 

[援護狙撃]
アサルトの近接戦闘を狙撃により援護するもの。連携の基本。以下、ポイント。

①ステアサの存在を暴露しない。
アサルトと一対一戦闘をしていると敵に思い込ませることで、ステアサはしゃがみ狙撃を継続でき、敵機の離脱判断を誤らせることもできる。そのためにも、ファーストアタックはアサルトが行い、可能ならばアサルトの攻撃に同期して狙撃し、ステアサの存在が暴露しないように心がける。

②アサルトの一対一戦闘を演出する。
複数の敵との戦闘をアサルトが強いられそうな場合、余計な敵機を転倒させ、アサルトが一対一戦闘状態となるようにする。

③ステアサは衝撃・火炎耐性を担当する。
複数の敵と戦闘する場合、アサルトが貫通耐性、ステアサが衝撃・火炎耐性を担当し、ステアサの攻撃力を最大限に生かす。ステアサとの連携に慣れ、貫通耐性の敵機を積極的に引き付けるアサルトは頼もしい。

 

[サテライト狙撃]
上記「援護射撃」の進化形。アサルトがサテライト攻撃中の敵を狙撃する。アサルトに誤射しないよう、狙撃タイミングを調整する。

敵機はアサルトと一対一戦闘をしていると思い込むため、敵は離脱タイミングを誤り、戦闘に深入りし易い。また、味方アサルトのサテライトに対応しようとし、無防備な背面をステアサに晒す。それ故、敵機を高確率で撃破できる。

|

« 戦闘記録18:苦戦 | トップページ | 戦闘記録19:零距離射撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128322/2840219

この記事へのトラックバック一覧です: 戦闘テクニック:アサルトとの連携:

« 戦闘記録18:苦戦 | トップページ | 戦闘記録19:零距離射撃 »