« 戦闘記録25:ダリル・プレイ(対「zonbi」) | トップページ | 戦闘記録26:ダリル・プレイ(市街地編) »

戦闘テクニック:狙撃(転倒編)

脚部にダメージを与えるとWAPが転倒することがあるが、ARFは敵機を転倒させ易い武器である為、転倒を有効に活用したい。

尚、アイテムSRFスナという視点ではあるが、「スナ様日記」様の「状況別スナテク攻勢時」記事の「a,脚部狙い」は参考になるので、一読をお奨めする。

 

 

 

[転倒を促す要因]
正確なデータは持っていないが、実戦経験より、次のような条件において敵機は転倒し易いと考えている。

①衝撃・火炎耐性機体
ARFのダメージが通りやすい為、衝撃・火炎耐性機体は転倒させ易い。高速移動(30km/h以上?)で走行していれば、1射撃(3発全弾)を脚部に命中させれば高確率で転倒する。

②RD中
RD中の敵機は、衝撃・火炎耐性であれば1~2発(3点バーストのうちの1~2発の意味、1~2射撃の意味ではない)、貫通耐性であれば1射撃(3発全弾)を当てると、だいたい転倒する。

③サイドステップ中
サイドステップ中の敵機の脚部を狙撃すると、高い確率で転倒する。

④鳥脚装備
鳥脚は転倒し易い。一方、ホバー(移動中)や4脚は、なかなか転倒しない。

⑤短時間の大ダメージ
しゃがみ狙撃による連射や、仲間との集中狙撃等により、短時間のうちに大ダメージを与えると、敵機は転倒する。

 

[転倒の効果]
無敵時間発生というデメリットもある為、転倒の使いどころには注意したい。

①ゲージ減少
・メイン武器以外のリロードゲージが0になる。 
・バックパックゲージが減る。
・ローラーダッシュゲージが減少する。

②無敵状態発生
・ダメージが与えられなくなる。(デメリット)
・敵メカは、転倒中の敵機を回復できる。(デメリット)
・EMP攻撃は可能である。

 

[転倒の使い道]
転倒の活用法としては、次のようなものがある。

①敵突撃阻止
味方本陣に殺到してくる敵機を転倒させ、敵突撃を阻止する。RD中の敵機は転倒し易い為、効果的である。

転倒した敵機は移動速度が0になり、RDゲージが減少する。つまり、一度敵機を転倒させると、敵突撃の勢いを大きく削げる。

尚、転倒開始から無敵状態解消までは約6秒程度であるが、じゃがみ時のARF再装弾時間は約3秒である為、ARF一丁で敵2機を阻止できる。

つまり、敵機Aと敵機Bが突撃してきた場合、敵機A転倒→ARF再装弾→敵機B転倒→ARF最装弾(敵機A無敵も解消)→敵機A再転倒・・・とすれば、理論上はARF一丁で敵2機を拘束できる。

敵機が貫通耐性であったり、腕盾を装備していると、転倒させるのが難しく、上手くいかない場合もあるが、転倒させ易い衝撃耐性SWアサであったりすると、敵がコス10×2でも対応できることがある。

逆に言えば、敵3機以上の突撃をステアサ単騎で止めることはできない。そのような場合、至急離脱するか、仲間に援護を求める必要がある。

 

②敵SWアサ対策(腕盾無アサ全般に適用可)
腕盾を装備できないSWアサは脚部が無防備であり、転倒させることは容易である。腕ガードを試みるベテランもいるが、ARF狙撃に慣れてくればそれでも脚部は狙える。衝撃・火炎耐性や、鳥足装備機体は、簡単に転倒させることができる。

SWアサが転倒すると、サブ武器のリチャージが0になり、SW攻撃は不可能となる。さらに、RDゲージが減少し、RDもできなくなる。SWアサルトとしての戦闘力は喪失する。

しかも、敵機転倒中に敵との距離を離せば、敵機を一方的に攻撃できる。「戦闘テクニック:狙撃(応用編)/[引き撃ち]」参照のこと。

ステアサを含むARFアサは、SWアサに対して非常に有利だが、あくまで一対一戦闘の場合である。数的劣勢になると手痛い反撃を受けるので注意したい。

また、ARFの射程が活かせない、障害物が多い地形での戦闘はなるべく避けたい。

 

③敵EMP対策
上手いEMPは、味方だと頼もしいが、敵に回すと非常に厄介である。敵EMPを転倒させると、EMPゲージが減少し、敵EMPの戦闘力を削げる。EMPゲージ消費量の多いBP×やWEP▽を敵EMPが一時的に使えなくなるメリットも大きい。敵EMPを発見したら、積極的に転倒を狙っていきたい。

 

④敵RDメカ無力化
RDメカは衝撃耐性であることが多いが、高速で逃げ回り、自己回復も可能なので、同抜きは大変である。そこで、脚部を狙って転倒させると、リペアゲージもRDゲージも減少する為、敵RDメカを無力化できる。

それでも、上手いRDメカは転倒中の無敵を活かして逃げ回るため、撃破するのは面倒である。ただし、同時に、敵RDメカは仲間を回復することもできない。その隙に、他のBGメンバーが、RDメカ以外を撃破するのがベストかもしれない。

 

⑤敵コム無力化
敵コム撃破がステアサの役目だが、敵コムがレコボディ機体等で、高速を活かして逃げ回る場合でも、敵コムを1回は転倒させたい。

コムスBPゲージはチャージに時間を要する為、一度転倒させると、敵コムのサルベージ等を長い間無力化できる。

 

⑥味方救援
味方メカや損傷機体が敵アサ等に追われている場合、追撃する敵機を転倒させる。転倒により敵追撃が一時中断し、サブウェッポンゲージやRDゲージを消耗させることができる為、味方の離脱を支援できる。

尚、「スナ様日記」様の「状況別スナテク援護時」記事は参考になるので、一読をお奨めする。

実例としては、「戦闘記録20:猛獣狩り」や「戦闘記録32:救援要請」を参照のこと。

 

⑦味方EMPサポート
転倒中でもEMP攻撃は可能であるため、これを活かして、味方EMPを支援する。詳しくは、「戦闘テクニック:ジャマーとの連携」参照のこと。

   

 

 

|

« 戦闘記録25:ダリル・プレイ(対「zonbi」) | トップページ | 戦闘記録26:ダリル・プレイ(市街地編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128322/3006053

この記事へのトラックバック一覧です: 戦闘テクニック:狙撃(転倒編):

« 戦闘記録25:ダリル・プレイ(対「zonbi」) | トップページ | 戦闘記録26:ダリル・プレイ(市街地編) »