« 戦闘記録35:対「Al Pajurior」 | トップページ | 戦闘記録36:ペセタ防衛戦 part.3 »

戦闘記録28:挟撃

古来より使われてきた挟撃作戦は、ハフマンでも威力を発揮する。前後から攻撃して敵を混乱に落としいれ、立ち直る前に各個撃破することが勝利の秘訣である。

    

[戦闘地域]Area 10 / Sector 24
コスト:30/3, レーダー: -

[U.S.N.] 96小隊(総コスト30)
コス4:ECM
コス5:アサ、EMP、メカ、レコB
コス6:ステアサ(自機)

[O.C.U.] SQ:K-O(総コスト30)
アサ×5、メカ

 

[戦闘経緯]
S24にコス30の敵勢力を確認し、迎撃に向かう。

ソナーにより、トンネル内への敵侵入を確認したので、本隊は北口に布陣し、ステアサは南口から奇襲することにする。

Pdvd_103_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステアサが南口に辿り着く前に戦闘は始まり、ARF狙撃・水平MS・EMP攻撃の三位一体攻撃で味方本隊が敵を圧倒。敵は後退を始める。

戦いの勢いを活かしたいので、即突入。目に付いた衝撃耐性ARFアサを狙撃し、暗殺。

Pdvd_173  

 

 

 

 

盾を構え退却するメカを発見。敵プライベートレーダに反応しないように通常走行で近づき、無防備な背後から攻撃して暗殺。その後、RD離脱。

Pdvd_175 Pdvd_176

 

 

 

 

 

そして、最後の敵アサを集中砲火し、勝利。

Pdvd_179

|

« 戦闘記録35:対「Al Pajurior」 | トップページ | 戦闘記録36:ペセタ防衛戦 part.3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128322/3021163

この記事へのトラックバック一覧です: 戦闘記録28:挟撃:

« 戦闘記録35:対「Al Pajurior」 | トップページ | 戦闘記録36:ペセタ防衛戦 part.3 »