« 戦闘記録34:ペセタ防衛戦 part.2 | トップページ | 戦闘記録35:対「Al Pajurior」 »

戦闘テクニック:狙撃(移動攻撃編)

ステアサの特徴の一つであるRoller Dashや、後退速度の速い鳥脚等を活かした狙撃法としては、次のような種類がある。ARFアサ全般で使える戦闘テクニックである。

特に、[引き撃ち]と[バックRD回避狙撃]は多用するテクニックである。これを効果的に行うためにも、移動加速度が向上するサポアサは必須である。「戦闘テクニック:JOBセットアップ」参照のこと。
  

 

[引き撃ち]
後退速度が速い鳥脚やタイヤの特徴と、距離が離れても命中率・集束率が低下しないARFのメリットを活かし、敵から後退しつつ狙撃する。敵との距離が近くなった場合は、バックRDして距離を一気に離す。バックRD→しゃがみ狙撃(RDリチャージと再装弾時間の短縮)を繰り返してもよい。

狙撃箇所は状況に応じて選択する。脚部を狙うと、転倒により敵との距離を離し易く安全性が高まるが、無敵時間が発生する為、撃破に時間を要する。胴体狙いは、その逆である。

攻撃を受けた敵は一時的にスピードが落ち、転倒することもあるため、敵との距離を広げ易く、敵の射程外からの一方的攻撃が可能となる。

弾丸を発散させるSGの攻撃力は射程ぎりぎりだと極端に落ちる為、SG装備敵機に対しては、たとえ敵射程内から出なかったとしても引き撃ちは有効である。

腕盾の無い衝撃耐性SGアサなどは、これだけで完勝できる。ステアサを含むRF装備機体必修のテクニックである。

 

 

   
[バックRD回避狙撃]
敵機に後ろを取られそうになった場合、一瞬バックRDして敵のさらに背後に回りこみ、敵攻撃を回避しつつ、敵を狙撃する。次のケースでよく利用する。

①サテライト対策
敵アサがサテライト攻撃を試み、背後に回り込もうとする瞬間を狙って、バックRD回避狙撃する。仮に攻撃が命中しなくとも、敵アサのサテライトは回避できるので、非常に効果的である。

②近接戦闘中のフェイント
ステアサでもサテライト攻撃を仕掛けることはできるが、上手いアサはサテライトに慣れているため、あまり効果がない。サテライト攻撃は接近戦であり、ARFの射程を活かしてもいない。

そこで、たとえばサテライト攻撃すると見せかけ、敵が乗ってきた瞬間にバックRD回避狙撃し、敵を転倒せペースをつかむ。その後、上述の「引き撃ち」に移行する。

③狙撃時の背後強襲対策
ステ隠蔽してARF狙撃しても、運悪く敵に見つかることがある。その場合、ベテラン程、背後の死角に回り込むように接近してくる。

ARF狙撃中、機体動作音(=半径150m以内に移動中WAPが存在)等により敵機の回り込みを予想したら、直ぐにプライベートレーダに神経を尖らせ、背後強襲を警戒する。背後に回り込んでくるような機動力のあるアサルトは、たいていSGを装備し、それ故、だいたい70m以内に接近してから攻撃してくる。Pレーダに敵機が映っても、はじめは気付かないフリをする。 

そして、70m以内に近づいてきたら、一気にバックRD回避狙撃する。前進する敵に近づくようにバックRDすることになる為、敵と自機の相対速度は非常に高まり、敵攻撃はたいてい当たらない。

逆に、バックRDで攻撃回避された敵は、たいてい戸惑ったかのように立ち止まり、その場で方向転換を図る。この瞬間、こちらの攻撃はよく当たる。脚部を狙って転倒させると尚良い。

その後、上述の「引き撃ち」に移行する。

 

 

[RD狙撃]
RDしながら狙撃する。逃走する敵の攻撃に効果的。

RD中は再装弾が極端に遅くなる為、ARFは実質一発しか撃てない。一撃で仕留められそうな敵にのみ利用するのが望ましい。

また、RD狙撃後はRDゲージが空になることが多い。敵本隊に近づきすぎると、RD離脱ができず、逆に撃破される危険性があるので、その点は留意する。

    

 

 

[狙撃後突撃]
狙撃した後、突撃し、近接戦闘を行う。ARFアサルトらしい戦い方。

ARFの攻撃力レートは、しゃがみ射撃時に最大となる為、近接戦闘はなるべく避けたいが、敵が遮蔽物に隠れたり、盾でガートしたりして、狙撃できなくなった場合に利用する。

暗殺で用いる場合、敵との距離を詰める際にRDを用いることが多いが、プライベートレーダ範囲内(原則、100m以内)では、レーダステルス制限速度を守るようにすると良い。ステアサの存在を敵シェアレーダ上に映さないようにすると、敵迎撃が遅れることが多い為である。

 

 

[バックRD離脱狙撃]
比較的近い距離にいる味方本隊まで安全に離脱する方法。ARFを撃たずに牽制に用いる点がポイント。

尚、腕盾装備機体からの逃走には利用できないので注意する。

 

①まず、敵に狙いを定めつつ、味方本隊方面へバックRDする。 

②敵が追撃してきたら(=高速移動することになり、転倒させ易い)、脚部を狙い転倒させ、その隙に味方本隊へ離脱する。

③敵が追撃してこなかったら、そのまま離脱する。

 

 

 

|

« 戦闘記録34:ペセタ防衛戦 part.2 | トップページ | 戦闘記録35:対「Al Pajurior」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128322/3007053

この記事へのトラックバック一覧です: 戦闘テクニック:狙撃(移動攻撃編):

« 戦闘記録34:ペセタ防衛戦 part.2 | トップページ | 戦闘記録35:対「Al Pajurior」 »