« 戦闘記録49:ステルス大戦争 | トップページ | 戦術:攻撃目標 »

戦闘テクニック:アイテム回復

ARFは装弾数が多い為、アイテムスペースにリペアアイテムを搭載することが望ましい。所持できるリペアアイテムの数は多くはないが、レーダステ使用中は自機HPが敵戦闘画面に表示されず、リペアアイテム使用を敵に悟られないメリットがある。

要所において、敵の思惑を外すようにアイテム回復を行うと効果的である。

 

 

①撃ち合い時

しゃがみ狙撃時にARFの攻撃力は最大となる為、脚を止めての撃ち合いに戦闘の流れを持っていくことがあるが、その場合、腕飛ばしを狙ってくる敵が多い。そこで、腕をアイテム回復し、あと少しで腕破壊できると敵に錯覚させると、敵を撃破し易い。

 

  

②離脱時

味方メカまで生きて帰れるように、胴体・脚部パーツを回復する。腕パーツは破壊されてもかまわない為、回復しない。

 

  

③狙撃時

高価値WAPの撃破を狙う場合、敵迎撃をあえて無視して「しゃがみ狙撃」を続け、受けたダメージはアイテム回復で対応する。尚、離脱時にアイテム回復できなくなる為、味方本隊まで帰還が容易と思われるときのみ実施する。

|

« 戦闘記録49:ステルス大戦争 | トップページ | 戦術:攻撃目標 »

コメント

加筆・修正しました。

投稿: kuni | 2006年9月 9日 (土) 20時05分

はじめましてUSN軍先任曹長、Williamです!
今日はじめてココの存在を知りましたが深い感銘を受けました! 
す、スゲェ!!こんなにも使い込まれた戦術がFMOに存在していたとは… …
これから中尉が残された戦闘記録をハジメから熟読していこうと思っています!
中尉殿には是非この特異で魅力的な戦術に関する記録の更新を続けて欲しいと願っています!!
ではこの辺りで失礼いたします!

投稿: Wild-Bill | 2006年9月11日 (月) 00時54分

William先任曹長,コメント感謝!!

ステアサの「イロハ」は、ほぼ解説できたかと思っています。今後、どのような方向で紹介していけば良いか、少し思案中。

ステアサを試してみるならば、はじめは、前衛多めの編成で臨むことをお奨めします。ステアサの戦い方を仲間に理解してもらうことも重要です。

それでは、がんばってください!

投稿: kuni | 2006年9月11日 (月) 23時37分

コンニチハ、以前書き込みさせて頂いたWilliamです!
今は階級が上がり曹長となりました!
このブログを見てから低いレベルなりにステアサを運用しています!
お金が無いのでC4機体での出撃が主となっています。
ステアサの重要な役割である浸透、暗殺を何度か成功させることが出来ましたが、やはりC4帯ではARFによる味方の支援が主な役割になることが多いようです。
ステアサの前線より一歩引いた姿勢からくる視野の広さは、キメ細やかな支援と共に、敵部隊の損傷状況の把握力の高さによってより正確な集中攻撃要請が出せると言う所にも、ステアサの活躍すべき場になっているのではないかと考えています。
そんなステアサにとっての理想の展開として、キルゾーン内に敵を囲っての戦闘記録を拝見させていただきました!
これからスナレベルの向上と、信頼できる仲間を作る事が僕にとってのステアサへの道になっているようです… …
では、コノ辺りで失礼します!

投稿: Wild-Bill | 2006年9月13日 (水) 23時38分

BARにて、コメントさせていただきました。

投稿: kuni | 2006年9月14日 (木) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/128322/3321497

この記事へのトラックバック一覧です: 戦闘テクニック:アイテム回復:

« 戦闘記録49:ステルス大戦争 | トップページ | 戦術:攻撃目標 »