« ラグの簡単な検証法 | トップページ | 戦闘記録95:ツイン・ステアサ »

レーダステルスの検証

「高コスト重センサは低コストレーダステルスを無効化する」との噂を検証した。

  

[結論]

低コストレーダステルスは、高コスト重センサに対しても隠蔽効果を発揮する。

 

 

[検証方法]

検証用アリーナを開設し、低コストレーダステ装備機体と、高コスト重センサ装備機体を用いて試験した。

 

1) 検証用アリーナ: 
・C10
・ソロ
・無制限

 

2) 低コストレーダステ装備機体:
・最低LvステルスBP装備(レーダステ制限速度は20km/h)
・C4帯機体(ボディLvによるレーダ・ステへの影響を念のため排除)
・Lv50ARFを装備し、C10に調整
・サポレコは、念のため未装着

 

3) 高コスト重レーダ装備機体:
・最高Lv重レーダBP装備
・水平MS装備(ステルス機能状態を確認容易の為)
・Lv50メインレコ装着

 

 

[検証結果]

時速20km/hまではステルスが機能し、時速21km/h以上になると、重レーダに反応(=MSロック)した。最低LvステBPであっても、制限速度内では最高Lv重レーダに対して有効であることを確認できた。

     



  

[所感]

レーダ関係にはバグがある。たとえば、ミサイル基地の倉庫内でECMを展開しても、NPCヘリにロックオンされることがある。プライベートレーダも目視も不可能なはずなの!

今回の噂の発端も、何らかのバグが関係し、重センサーがレーダステを無効化した(若しくは、そのように錯覚させられた)可能性は否定できない。

 

 

|

« ラグの簡単な検証法 | トップページ | 戦闘記録95:ツイン・ステアサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラグの簡単な検証法 | トップページ | 戦闘記録95:ツイン・ステアサ »